FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

生き方への学び

2009.10.29 (Thu)

いよいよ帰宅する日になってしまいました。

思い返せば素敵な虹に始まったこの体験。
オーナー家族の人柄のお陰でとても居心地の良いファームステイでした。

この10日間で感じたことを一言で表現すると、
「自然農とは農法を超えて生き方の実践なんだ」ということでした。

自然を崩さずに栽培をする姿勢のみならず
環境にやさしい生活を実践しているオーナーの姿でした。
地球に対する感謝の気持ちを感じる生活です。

まだ栽培もできるかどうか分からない私ですが、
最終的にはわたしもこのような生き方をしたいと考えるようになりました。

わたしの農業にとってMecca(はじまり・あこがれの場所)はこの農場だといえます。

農場の一角

ご案内 :
ファームステイをした10日間は特別なので毎日更新しましたが、
これからは月に数回程度の更新に切り替わります。
     
スポンサーサイト



テーマ : - ジャンル : ライフ

20:18  |  ファームステイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

やはり体力

2009.10.28 (Wed)

今日はファームステイ二日目に苦労した
小豆の収穫に再び挑戦です。

小豆の畝

写真のとおり、必要性が無い限り自然農は雑草を抜きません。
ですから、機械を使わない自然農の収穫では雑草が邪魔になって
とても手間がかかります。

さて今回は、前回と変わらない畝をやりましたが、
前回の3倍くらいの収穫がありました。

ですから、労働力は増えている訳ですが、
カラダの大変さは全く感じませんでした。

初めてやったときの辛さが嘘のようです。

やはり、やり続けるとカラダが対応してくれるものです。


ところがその後、畑の横に積んであった堆肥を一カ所に山積みにする作業でした。
その大変なことったらありませんでした。(:_;)

土と違い堆肥はワラなどが混じっていてスコップが刺さらないんです。
まずは、クワで柔らかくしてそれからスコップですくって放り投げる。

その作業って連続三回やると筋肉が痛んで休まざるを得なくなるんです。
おまけにお腹を壊してしまっていて力をいれると出そうになっちゃう。
これは辛かった。

以前、道路工事をしているおじさんがしょっちゅう休憩しているのを見かけて
「ずいぶんチンタラやっているなぁ」と思いましたが、
今日その気持ちが十分に理解できました。

あのときのおじさん!あんな目で見てしまってごめんなさい。m(_ _;)m
     

テーマ : - ジャンル : ライフ

20:15  |  ファームステイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

力仕事への覚悟

2009.10.27 (Tue)

昨日の台風はいつの間にか通り過ぎていました。
テレビは無く、ラジオもタマにしかつけないので
昨日の夕方に台風が近づいていることに
気がついたような状態でした。

でも、ちょっと風が強いなぁぐらいでしたね。

鹿児島は台風が多いから対応策も大変だと思いますが
それは、九州で師匠を見つけてから指導をうけることにします。

今日は初めて近くの温泉に連れて行ってもらいました。
この辺は一つの町に一つの割合で温泉があるようです。
行ったところは農村に存在していました。

場所が場所だけにお客さんは農家の方らしい人ばかりでした
年齢は50才以上の方ばかりでしたが、さすがにカラダが引き締まっていて
不健康に腹がだぶついているのは私だけでした。

これをみても農業は体力が重要ということを実感できます。
その他に職業病もあるでしょうから、心してかからないといけませんね。

最近、農作業にも慣れてきたような気がしますが
体力的にはまだまだだなぁと感じるところも多々あります。
一緒に仕事をしている女性と変わらない重さのものを運んで
一杯いっぱいだったりしますから・・・。(^▽^;)

     

テーマ : - ジャンル : ライフ

19:56  |  ファームステイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

鹿児島で自然栽培やっている人いるかなぁ

2009.10.26 (Mon)

ファームステイに来て一週間がたちました。
今日はオーナーが配達するのに同行させてもらいました。

今日配達予定のお宅は18件で約4時間かかりました。
ですから車中十分に時間がありジックリ話ができました。

ここのオーナーの農法は自然農です。
「耕さず、肥料・農薬を用いず、草や虫を敵としない」という理念です。
オーナーは信念をもって、この農法に傾倒されています。
全くぶれることはありません。

しかも、オーナーのすごいところは、自分は自然農を貫いているけれども
人それぞれの選択を尊重しているところです。

他の農法について批判するようなことはなく、
慣行農法も含めてそれぞれが正しいと認められる心を持っているのです。
私はそのような方に相談することができて本当に幸せです。

茄子の種とり


さて、現段階での私の選択はというと
自然栽培でスタートするということです。(数日前の考えから変わりました)

自然農や自然農法はすばらしいと思うのですが、
どうも私のような経験の無い(浅い)者が取り組んで
初年度からシッカリ収穫できる、ましてや生活ができるとは
思えないからです。

昨日までは有機栽培(化学合成農薬と化学肥料を使用しない農法)で始めて、
並行して家庭菜園程度の自然農を行いながら広げていく構想を
想定していました。

ただ、私がこだわりたいのは「農薬も肥料も使用しない栽培」です。

そこで、自然栽培は有機栽培に近い感覚でできるのであれば
有機栽培ではなく自然栽培から始めても可能ではないかと思ったのです。

そこで、顔の広いオーナーのツテを伝って
九州(できれば鹿児島)で自然栽培を行っている方を紹介してもらうことを
お願いしちゃいました。

なぜ九州かというと農業というのは自然が相手なので
その土地土地で種を蒔くタイミングや自然環境への対応の違いが
あるからです。

ですから、就農する土地に近いところの農家で修行をさせていただくのが
最も大切な経験になると思ったのです。

     

テーマ : - ジャンル : ライフ

21:04  |  ファームステイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

動物は敵かも?

2009.10.25 (Sun)

今日は、一週間に一回いただける休みの日、
昨日電気ドライバーでガッツリ怪我をした親指の痛みが引いてきました。
それよりも、見た目は大したことはない、人差し指の傷の方が
ズキズキするのが不思議です。

さて、休みと言っても家畜のエサはあげないといけません。

飼っているのは、ニワトリ約80羽とジャージー牛1頭です。
もうここにやってきてから6日目、牛ちゃんは私になついてくれました。
ジャージー牛は小ぶりなので結構可愛いんです。

ジャージー牛

名前を呼ぶと妊娠中で大きなお腹なのにドカドカと走ってきます。
「そのスピードで止まれるの?突っ込んでくるー」と
不安になることがあります。
でも意外とスムーズに減速してくれるんです。

四本足だから、クルマの四輪駆動の様なものなのかもしれません。

そのジャージー牛が異様な声で鳴きだしました。
以前牛飼いだったオーナーのお母さんが出産が始まったのかと
思ったそうで飛び出していきました。

すると、牛ちゃんが向かって吠えているその先に居たのは大きな猿でした。

見てみると動物園のボス猿ぐらいの大きさです。

口を大きく開けて威嚇されると結構怖いもんですね、野生だからなおさらでした。
ビビってはいられないので、木の棒を振り回して山の方に追いやりました。

猿に畑を荒らされると痛手が大きいらしく、その後オーナーは警戒していました。
背に腹は替えられないですもんね。

農業には動物への対策も必要だということを知りました。

ペットのワンちゃんが居るのですが、猿に全く無反応で
みんなに笑われていました。(^○^)
     

テーマ : - ジャンル : ライフ

19:49  |  ファームステイ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT